出版」カテゴリーアーカイブ

永田雅子教授の編著書『妊娠・出産・子育てをめぐるこころのケア:親と子の出会いからはじまる周産期精神保健』が刊行されました

ミネルヴァ書房から、『妊娠・出産・子育てをめぐるこころのケア:親と子の出会いからはじまる周産期精神保健』(永田雅子編著)が刊行されました。

内容の紹介

今日における社会状況の急速な変化と医療技術の進歩によって、親と子が出会い、関係を築いていくプロセスを取り巻く環境が大きく変化してきました。そうした中、妊娠中、そして出産を迎え、育児がはじまっていく周産期からのこころのケアが求められるようになってきています。本書では周産期を中心に、赤ちゃん・家族への支援の最新理論とともに、こころのケアに携わる様々な領域の事例報告を紹介します。そこから、現代社会における親子関係のはじまりの理解を深め、これから求められる周産期精神保健のあり方を探ることを試みます。

書誌情報

書籍名:妊娠・出産・子育てをめぐるこころのケア:親と子の出会いからはじまる周産期精神保健 (別冊発達32)
編著者:永田雅子
B5判 264ページ 2,600円+税
ISBN-10: 4623077012 ISBN-13: 978-4623077014
出版社のページはこちら
Amazonのページはこちら

松本真理子教授・永田雅子教授・野邑健二特任教授監修の『心の発達支援シリーズ4~6巻』が刊行されました

明石書店から、『心の発達支援シリーズ4~6巻』(松本真理子・永田雅子・野邑健二監修)が刊行されました。先日、刊行のお知らせをしました第1巻〜第3巻と合わせ、シリーズ全巻が刊行されました。

内容の紹介

本シリーズは、心の発達支援研究実践センター教員(教育発達科学研究科心理発達科学専攻教員)がこれまでの研究成果を中心として、監修・編集した全6巻の図書です。

近年、発達障害と診断されている子どもに限らず、担任や保護者にとって「発達が気になる」子どもが急増しています。そうした子どもたちの姿と支援の在り方を、生涯発達の視点から、乳幼児期から青年期までとりあげました。保護者の方や彼らとかかわる専門家の方々が、発達段階ごとに課題を理解し、適切なかかわりを行うことができるよう具体的に解説しています。

書誌情報

【心の発達支援シリーズ第4巻】

書籍名:小学生・中学生 情緒と自己理解の育ち支える (心の発達支援シリーズ 4)
編著者:松本真理子永田雅子
A5判 200ページ 2,000円+税
ISBN-10: 4750343374 ISBN-13: 978-4750343372
出版社のページはこちら
Amazonのページはこちら

【心の発達支援シリーズ第5巻】

書籍名:中学生・高校生 学習・行動が気になる生徒を支える (心の発達支援シリーズ 5)
編著者:酒井貴庸
A5判 192ページ 2,000円+税
ISBN-10: 4750343382 ISBN-13: 978-4750343389
出版社のページはこちら
Amazonのページはこちら

【心の発達支援シリーズ第6巻】

書籍名:大学生 大学生活の適応が気になる学生を支える (心の発達支援シリーズ 6)
編著者:鈴木健一安田道子
A5判 192ページ 2,000円+税
ISBN-10: 4750343390 ISBN-13: 978-4750343396
出版社のページはこちら
Amazonのページはこちら

また、すでに刊行されておりました第1巻〜第3巻の情報は下記となります。

【心の発達支援シリーズ第1巻】

書籍名:乳幼児 育ちが気になる子どもを支える (心の発達支援シリーズ 1)
著者:永田雅子
A5判 184ページ 2,000円+税
ISBN-10: 4750343250 ISBN-13: 978-4750343259
出版社のページはこちら
Amazonのページはこちら

【心の発達支援シリーズ第2巻】

書籍名:幼稚園・保育園児 集団生活で気になる子どもを支える (心の発達支援シリーズ 2)
編著者:野邑健二
A5判 200ページ 2,000円+税
ISBN-10: 4750343269 ISBN-13: 978-4750343266
出版社のページはこちら
Amazonのページはこちら

【心の発達支援シリーズ第3巻】

書籍名:小学生 学習が気になる子どもを支える (心の発達支援シリーズ 3)
編著者:福元理英
A5判 208ページ 2,000円+税
ISBN-10: 4750343277 ISBN-13: 978-4750343273
出版社のページはこちら
Amazonのページはこちら

金井篤子教授編集の『産業心理臨床実践 個(人)と職場・組織を支援する』(心の専門家養成講座 (8) )が刊行されます

enter image description here

ナカニシヤ出版から、『産業心理臨床実践 個(人)と職場・組織を支援する』(金井篤子編)が刊行されます。

内容の紹介

産業領域で働く人々の心の問題の複雑化に心の専門家はどう対応できるのか。キャリア、ストレス、組織、法律、産業精神保健などの理論的背景と基礎知識から、活動の場とその実践内容まで豊富に体系的に解説する。

書誌情報

【心の専門家養成講座 (8) 】

書籍名:産業心理臨床実践 個(人)と職場・組織を支援する

編者:金井篤子

シリーズ監修:森田美弥子・松本真理子・金井篤子

B5判 224ページ 3,100円+税

ISBN-10: 4779510643 ISBN-13: 978-4779510649

出版社のページはこちら

Amazonのページはこちら

「統計解析ソフトRのスクリプト集」(Ver. 4.0β)公開のお知らせ

石井教授の作成した「統計解析ソフトRのスクリプト集」Ver. 4.0βを公開しました。棒グラフオプション、オメガ係数、効果量、標本サイズの推定などの記述が加わりました。内容の紹介はこちらの記事をご覧下さい。

enter image description here

統計解析ソフトRのスクリプト集 (PDF)

松本真理子教授・永田雅子准教授・野邑健二特任准教授監修の『心の発達支援シリーズ1~3巻』が刊行されます

enter image description hereenter image description hereenter image description here

明石書店から、『心の発達支援シリーズ1~3巻』(松本真理子・永田雅子・野邑健二監修)が刊行されます。

内容の紹介

本シリーズは、心の発達支援研究実践センター教員(教育発達科学研究科心理発達科学専攻教員)がこれまでの研究成果を中心として、監修・編集した全6巻の図書です。

近年、発達障害と診断されている子どもに限らず、担任や保護者にとって「発達が気になる」子どもが急増しています。そうした子どもたちの姿と支援の在り方を、生涯発達の視点から、乳幼児期から青年期までとりあげました。保護者の方や彼らとかかわる専門家の方々が、発達段階ごとに課題を理解し、適切なかかわりを行うことができるよう具体的に解説しています。

なお以下の続巻は5月末までに順次刊行予定です。

第4巻『小学生・中学生 情緒と自己理解の育ちを支える』松本真理子・永田雅子(編著)

第5巻『中学生・高校生 学習・行動が気になる生徒を支える』酒井貴庸(編著)

第6巻『大学生 大学生活の適応が気になる学生を支える』鈴木健一・安田道子(編著)

書誌情報

【心の発達支援シリーズ第1巻】

書籍名:乳幼児 育ちが気になる子どもを支える (心の発達支援シリーズ 1)

著者:永田雅子

A5判 184ページ 2,000円+税

ISBN-10: 4750343250 ISBN-13: 978-4750343259

出版社のページはこちら

Amazonのページはこちら

【心の発達支援シリーズ第2巻】

書籍名:幼稚園・保育園児 集団生活で気になる子どもを支える (心の発達支援シリーズ 2)

編著者:野邑健二

A5判 200ページ 2,000円+税

ISBN-10: 4750343269 ISBN-13: 978-4750343266

出版社のページはこちら

Amazonのページはこちら

【心の発達支援シリーズ第3巻】

書籍名:小学生 学習が気になる子どもを支える (心の発達支援シリーズ 3)

編著者:福元理英

A5判 208ページ 2,000円+税

ISBN-10: 4750343277 ISBN-13: 978-4750343273

出版社のページはこちら

Amazonのページはこちら

名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(心理発達科学)第62巻の電子版が公刊されました

名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(心理発達科学)第62巻には11本の論文が収録されています。

各論文には、名古屋大学学術機関リポジトリ (NAGOYA Repository) から、アクセスすることができます。

窪田由紀教授の著書『学校における自殺予防教育のすすめ方──だれにでもこころが苦しいときがあるから』が刊行されました

enter image description here

遠見書房から、『学校における自殺予防教育のすすめ方──だれにでもこころが苦しいときがあるから』(窪田由紀(編著)シャルマ直美・長﨑明子・田口寛子(著)が刊行されました。

内容の紹介

自殺予防──いま、一番大事な大人の仕事

深刻化する若年層の自殺。仲間や恋人に「死ぬこと」を仄めかされたらどうしたらいいのか?

自殺をとどめるには、この最初の表現を聞いたものが「ゲートキーパー」となる必要があります。いのちの大切さを声高に叫ぶだけではなく、聴く技術、つなぐことなど、人と人のきずなで自殺を予防しよう──そんな授業が北九州市では実践されています。その自殺予防教育を実践してきた4人の心理臨床家による手引き。明日からでも授業ができる資料集も付録満載。

書誌情報

書籍名:学校における自殺予防教育のすすめ方──だれにでもこころが苦しいときがあるから

著者:窪田由紀・シャルマ直美・長﨑明子・田口寛子

A5判 170ページ 2,400円+税

ISBN-10: 4904536967 ISBN-13: 978-4904536964

出版社のページはこちら

Amazonのページはこちら

松本真理子教授の著書『心とかかわる臨床心理:基礎・実際・方法[第3版]』が刊行されます

enter image description here

ナカニシヤ出版から、『心とかかわる臨床心理:基礎・実際・方法[第3版]』(川瀬正裕・松本真理子・松本英夫 (著))が刊行されます。

内容の紹介

本書は、将来「心とかかわる」職業に関心のある学生や専門家皆さまのための臨床心理学テキストです。基礎理論、心理臨床の実践事例による対象の理解と心理療法についてわかりやすく解説しています。

本書は1996年の初版以来、多くの方々に手に取っていただいてきましたが、この度、最新の臨床心理学、精神医学の情報に対応すべく改訂第3版を刊行しました。2014年度に日本語訳が刊行されたDSM-5にもいち早く対応しています。

2015年9月には、国家資格「公認心理師」法が成立しました。今後ますます「心とかかわる」心理師へのニーズは高まってくるものと思われます。そのためのテキストとしても推薦できます。

書誌情報

書籍名:心とかかわる臨床心理:基礎・実際・方法[第3版]

著者:川瀬正裕・松本真理子・松本英夫

B5判 188ページ 2,200円+税

ISBN-10: 4779509319 ISBN-13: 978-4779509315

出版社のページはこちら

Amazonのページはこちら

五十嵐准教授の翻訳書「社会的ネットワークを理解する」が刊行されます

enter image description here

北大路書房から、「社会的ネットワークを理解する」(C.カドゥシン・著,五十嵐 祐・監訳)が2015年8月13日に刊行されます。本専攻では、五十嵐准教授が監訳および翻訳(2章~5章、12章)、大学院生の佐藤有紀さん(1章)、研究生の加藤仁さん(5章)、平島太郎研究員(9章)が各章の翻訳を担当しています。

出版社による紹介

社会生活に関する理解を深めるための有益な手段として,人間をノード(節点)の単位とする「社会的」ネットワークに注目。その形成・維持を支える人間行動の基本原理について,近年のSNSの普及といった環境変化や,「個人の動機づけ」概念を取り入れた上で,社会学の古典的な知見をベースとする理論的な説明を提供する。

書誌情報

書籍名:社会的ネットワークを理解する

原著:Charles Kadushin (2012). Understanding social networks: Theories, concepts, and findings. Oxford University Press.

著者:チャールズ・カドゥシン(Charles Kadushin)

監訳:五十嵐祐

訳: 佐藤有紀、加藤仁、古谷嘉一郎、西村太志、竹村幸祐、竹中一平、平島太郎、石黒格、浅野良輔

A5判 336頁 3400円+税

ISBN-10: 4762829005
ISBN-13: 978-4762829000

出版社のページはこちら

Amazonのページはこちら

「統計解析ソフトRのスクリプト集」(Ver. 3.0β)公開のお知らせ

石井准教授の作成した「統計解析ソフトRのスクリプト集」Ver. 3.0βを公開しました。記述統計量の算出の部分を統一的にしたのと、データ例を書籍にあわせて変えています。内容の紹介はこちらの記事をご覧下さい。

enter image description here

統計解析ソフトRのスクリプト集 (PDF)