投稿者「Ayano Tsubota」のアーカイブ

博士後期課程の田口恵也さんが東海心理学会第69回大会優秀発表賞を受賞

博士後期課程の田口恵也さんが東海心理学会第69回大会優秀発表賞を受賞しました。

受賞者:田口恵也

大会名:東海心理学会第69回大会 (2020年10月17日開催 於:同朋大学)

受賞名:優秀大会発表賞

発表題目:「真面目な人ほど嘘を許す?-他者のための嘘の許容度とその個人差の検討-」

大会URL:東海心理学会

博士後期課程の田口恵也さんが公益財団法人豊秋奨学会の海外渡航旅費助成に採択

博士後期課程の田口恵也さんが公益財団法人豊秋奨学会の海外渡航旅費助成に採択されました。

助成対象者:田口恵也

助成事業名:公益財団法人 豊秋奨学会 2020年度 海外渡航旅費助成

題目:The effect of type of altruistic lie on the evaluation of lying and liar

発表学会:The 32nd International Congress of Psychology (2021年7月19日~24日開催: プラハ,チェコ共和国)

財団URL: 豊秋奨学会

博士前期課程の上田皐介さんが公益財団法人 豊秋奨学会の海外渡航旅費助成に採択

博士前期課程の上田皐介さんが公益財団法人 豊秋奨学会の海外渡航旅費助成に採択

助成対象者: 上田皐介

助成事業名: 公益財団法人 豊秋奨学会 2020年度 海外渡航旅費助成

題目: Do people internalize their self-presentations because they are
deceiving themselves?

発表学会: The 32nd International Congress of Psychology (2021年7月19日~24日開催:
プラハ,チェコ共和国)

財団URL: 豊秋奨学会

博士前期課程の上田皐介さんがSPSP2021のGraduate Registration Awardを受賞

博士前期課程の上田皐介さんがThe 22nd Annual Meeting of the Society for Personality
and Social Psychology (SPSP2021)のGraduate Registration Awardを受賞

受賞者: 上田皐介 (M2) 共著者: 清河幸子

受賞学会: The 22nd Annual Meeting of the Society for Personality and
Social Psychology (2021年2月9日~13日開催: 於: オンライン開催)

受賞名: Graduate Registration Award

発表題目: Self-deceivers give their intended impressions both to others
and themselves successfully.

大会URL:SPSP2021

特例により公認心理師の資格取得を検討中の学部卒業生の皆様へ

2019年4月1日付付けで公開した,本学学部で履修した科目と省令で定める科目との対照表について,
一部を修正しましたので,お知らせいたします。

【修正内容】
㉒ 精神疾患とその治療
誤:発達精神科学研究1-精神医学ー(野邑・福元)
正:医療臨床心理学講義1ー精神医学ー(野邑・福元)

詳細は以下のファイルをご確認ください。

20200325公認心理師学部カリキュラム対応

令和元年度卒業論文優秀発表賞授与式が執り行われました

1月7日に行われた卒業論文発表会において、来場者による投票と教員の審議による厳正な審査を経て、下記2名が発表賞を受賞されました。

教育学部4年 栗田真帆さん
題目「The effect of delaying gratification on donation behavior」

教育学部4年 浅井美里さん
題目「精神障害者施設に対するNIMBY喚起メカニズムの検討 -二重過程理論に着目して-」

松本専攻長より、賞状が授与されました。
また、受賞者のスピーチもあり、喜びの思いが語られました。

受賞者のおふたり、おめでとうございました!

受賞者以外の発表も素晴らしかったです。
卒論生のみなさま、おつかれさまでした。

博士後期課程の古橋健悟さんが社会心理学会の大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度に採択

博士後期課程の古橋健悟さんが社会心理学会の大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度に採択に採択されました。

採択者:古橋健悟

題目:Switch, and ye shall find: The effect of switching helpers on perceived stress
in help-seeking situation.

発表学会:The 13th Biennial Asian Association of Social Psychology. 台北, 台湾.

大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度

博士前期課程の澤田昂大さんが第83回日本心理学会大会の学術大会優秀発表賞を受賞

博士前期課程の澤田昂大さんが、第83回日本心理学会大会(2019年9月11-13日開催 於:立命館大学)で学術大会優秀発表賞を受賞しました。

受賞者:澤田昂大

発表題目:「行為者の識別可能性が「巻き添え」を含む報復に与える影響

第83回日本心理学会大会

博士後期課程の赤松大輔さんが東海心理学会第68回大会で優秀大会発表賞を受賞

博士後期課程の赤松大輔さん(日本学術振興会特別研究員)が、東海心理学会第68回大会(2019年6月1日開催 於:皇學館大學)で優秀大会発表賞を受賞しました。

受賞者:赤松大輔

発表題目:「効果的な学習方略の使用が方略重視の学習観に与える影響―有効性の認知の媒介効果に関する縦断的検討」

東海心理学会

名古屋大学大学院教育発達科学研究科プロジェクトAC第一回シンポジウムのお知らせ

下記の要領にて、名古屋大学大学院教育発達科学研究科プロジェクトAC第一回シンポジウムを開催いたします。

日時:2019年7月6日(土) 13:30~16:30
場所:教育学部 2F 第3講義室

オーセンティックコミュニケーションの科学と実践
現代社会におけるさまざまな現象をミスコミュニケーションとオーセンティックコミュニケーションという観点から分析し,それらの関連性を検討する

-スケジュール-
開会のあいさつ 司会:金子一史
MCとACを科学する意義と課題 河野荘子
計量心理学から 石井秀宗
認知心理学から 清河幸子
発達心理学から 溝川 藍
家族心理学から 狐塚貴博
ディスカッション
閉会の辞 光永悠彦

特に事前の参加登録等は必要ございません。直接会場までお越しください