投稿者「Ryuichi Tamai」のアーカイブ

平成30年度卒業論文発表会が行われました

enter image description here

今年度で卒業する学部生にとって最後の一大イベントとなる、卒業論文発表会が行われました。

発表者は、ポスター発表の形式で、教員・院生・学部生等の来場者への説明・質疑応答を行いました。学会さながらの活発な空気の中、議論が繰り広げられました。

enter image description here

enter image description here

今年度も「卒業論文優秀発表賞」を設けました。来場者による投票と教員の審議による厳正な審査を行い、優秀な研究発表を表彰する予定です。結果は、後日お伝えしたいと思います。

enter image description here

発表者のみなさん、おつかれさまでした。

博士前期課程の早川美歩さんが2018年度日本社会心理学会若手研究者奨励賞を受賞

博士前期課程の早川美歩さんが2018年度日本社会心理学会若手研究者奨励賞を受賞しました。

受賞者:早川美歩(M1)

受賞題目:他者の身体を纏えば心も染まるか:VRによる身体所有感の喚起が利他行動に及ぼす影響

日本社会心理学会若手研究者奨励賞

山形伸二准教授、野村あすか講師 着任講演のお知らせ

下記の要領にて、山形伸二准教授、野村あすか講師の着任講演を開催いたします。

日時:2018年12月19日(水) 3限・4限(15:00~17:00)
場所:教育学部 2F 第3講義室

【山形先生】
題目  人間行動遺伝学の方法と知見
要旨  人間には一人ひとり性格や興味関心の違い,個性があります。では,そのような心理学的特徴の個人差は,どの程度,本人が持って生まれた遺伝の影響により生じ,どの程度,親の育て方や独自の経験などの環境の影響によって生じているのでしょうか。人間行動遺伝学は,この「氏か育ちか」,nature or nurtureという古典的問題に対し,実証的知見を提供しようと試みる学問領域です。本講演では,まず人間行動遺伝学の主要な方法である双生児法の分析手法と考え方について紹介します。そのうえで,講演者の携わってきた研究を中心に,双生児法を用いてこれまでに得られた代表的知見について紹介し,今後の展望を行います。

【野村先生】
題目  子どもの心の健康について考える―臨床心理学の視点から―
要旨 私は、児童・思春期を中心とした子どもたちが自分自身や自分を取り巻く環境をどのように捉えているのか、そして、不適応に陥っている、もしくはその兆候のある子どもたちの心の声を聴き支援へとつなげていくためにはどうしたらよいのかについて関心をもっています。これまでには、臨床心理学の立場から、質問紙法、投影法、学校場面における行動観察といった多面的なアプローチを試み、海外の子どもとの比較も通して、日本における子どもの心の健康の様相を明らかにしてきました。本講演では、これらの研究から得られた知見と今後の展望についてお話しします。

特に事前の参加登録等は必要ございません。お問い合わせにつきましては、下記の担当者までご連絡ください。

玉井颯一(研究員)
連絡先: ryuichi.tamai [@] nagoya-u.jp
([@] を @ に変更のうえ、ご連絡ください)

2018年度 第3回名古屋社会心理学研究会(NSP)のお知らせ(12月1日)

2018年度第3回名古屋社会心理学研究会(NSP)を以下の通り開催します。発表者はCurtin University・国際交流基金フェローの浜村武氏です。

本研究会への参加は無料であり、どなたでも自由にご参加いただけます。また、事前連絡も必要ありません。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日時
2018年12月1日(土)15:00-17:00

場所
名古屋大学教育学部2F 第3講義室

発表者
浜村武氏(Curtin University・国際交流基金フェロー)

タイトル
ビッグデータと社会・文化心理学

概要
ビッグデータの分析は、膨大なデータを駆使することで既存の研究活動を活発化させ、さらには従来の社会科学の研究手法では難しかった研究課題を可能としうる。ビッグデータ分析そしてデータサイエンスの発展は、社会・文化心理学の研究にどのような効用をもたらすのであろうか。このプレゼンテーションではまずビッグデータを用いた社会・文化心理学の代表的な研究事例をレビュー。そして文化心理学の中でも特に文化の変遷の研究におけるビッグデータの分析の効用について、我々が行なっている研究を例として詳しく考察する。具体的にはビッグデータを用い集団間関係の変遷(研究1)そしてanxietyの長期的な変遷(研究2)を分析する試みをご紹介する。

名古屋社会心理学研究会 (NSP)

博士後期課程のGherghel Claudiaさんが日本グループ・ダイナミックス学会第64回大会で優秀学会発表賞(English Session部門)を受賞

博士後期課程のGherghel Claudiaさんが、日本グループ・ダイナミックス学会 第64回大会(2018年9月8日・9日開催、於:神戸大学)にて、優秀大会発表賞 (English Session部門) を受賞しました。

受賞者:Gherghel Claudia

発表題目:「Culture, Moral Discourse and Motivation to Perform Kind Acts」

共同発表者:Hashimoto Takeshi(橋本 剛),Takai Jiro(高井次郎),Nastas Dorin(Alexandru Ioan Cuza University of Iasi))

2018年度優秀学会発表賞 選考結果のご報告|日本グループ・ダイナミックス学会

日本グループ・ダイナミックス学会 第65回大会

博士前期課程の早川美歩さんがSPSP2019でTravel Awardを受賞

博士前期課程の早川美歩さんがThe 20th Annual Meeting of the Society for Personality
and Social Psychology (SPSP2019)
でTravel Awardを受賞しました。

受賞者:早川美歩(M1) ※共著者:平島太郎・五十嵐祐

受賞学会:The 20th Annual Meeting of the Society for Personality and Social
Psychology(2019年2月7日~9日開催 於:Portland, Oregon)

受賞名:Graduate Travel Award

発表題目:Thinking in others’ shoes helps reading their minds: Embodied
cognition promotes reading facial expression of emotion

受賞者一覧

松本真理子教授・永田雅子教授の編著書『公認心理師基本用語集-よくわかる国試対策キーワード117-』が刊行されます

enter image description here

遠見書房から,「公認心理師基本用語集-よくわかる国試対策キーワード117-」が刊行されます。

内容紹介

本書は,2018年9月に実施される第一回公認心理師資格試験の出題基準である国試のブループリント(出題範囲)に沿って作られた受験者のための基礎用語集です。必須の知識を117 キーワードにまとめ,わかりやすく解説しています。

執筆者には多くの名大関係者も協力してくださっています。臨床心理士、公認心理師受験予定の方にお薦めします。

書籍情報

書籍名:公認心理師基礎用語集 よくわかる国試対策キーワード117

編著者:松本真理子・永田雅子

判型・ページ数:四六判・230ページ

価格:2,000円+税

ISBN:978-4-86616-050-4

出版社のページ

Amazonのページ

平成30年度大学院説明会が開催されました

7月1日(日)に、教育発達科学研究科の大学院説明会が開催されました。

全国各地から、104名の方々にご参加いただきました。多くの方に本専攻のことを知っていただく機会となり、専攻のメンバー一同、参加していただいた皆様に感謝しております。ありがとうございました。

全体説明会では、本専攻の概略の紹介や、各教員からの研究室紹介、入試やカリキュラムに関する説明がありました。
また、現役の大学院生から、来場者のみなさんからの質問に答える時間もありました。

enter image description here

説明会の後半では、各教員の研究室訪問や、現役の大学院生への質問ブースが設けられました。来場者の方々に、本専攻の空気を感じていただけましたら幸いです。

みなさまの受験や、来年度から共に学べることを、専攻一同お待ちしております。

enter image description here

溝川藍准教授、狐塚貴博准教授、田附紘平講師 着任講演のお知らせ

enter image description here

下記の要領にて、溝川藍准教授、狐塚貴博准教授、田附紘平講師の着任講演を開催いたします。

日時:2018年6月20日(水) 3限・4限(13:00~16:30)
場所:教育学部 2F 第3講義室

【溝川先生】
題目 子どもの「心」の理解:認知発達心理学の視座から
要旨 私たちは、日々のコミュニケーションにおいて、他者の行動の背後にある心について推測したり、心に関する推測をもとに他者の行動を予測したりしている。子どもは、どのように目に見えない心の存在に気づき、自己の心とは異なる他者の心を捉え、社会的コミュニケーションを行っているのだろうか。本講演では、嘘泣きの理解や他者評価に対する反応に関する実験的研究を紹介し、子どもの<心の理解>の発達研究を通して、<子どもの心>の理解を試みる。

【狐塚先生】
題目 つながりの心理臨床
要旨 私は、個人の存在を尊重しつつも、他者とのやりとりや対人関係の在り方といった人と人とのつながりとこころの問題との関係に関心を持っています。個人にとって最も重要な集団の一つは家族であり、さまざまな役割で生涯にわたり誰もが経験する集団です。その在り方によって、個人は肯定的にも否定的にもさまざまな影響を受けます。今回の講演では、家族を一つのまとまりをもったシステムとして捉える視点からの家族研究や臨床実践、さらにはそれらを応用した心理危機支援の取り組みについて今後の展望を含めお話ししたいと思います。

【田附先生】
題目 心理療法の体験に迫る―私の研究のこれまでとこれから―
要旨 私は、「心理療法では何が起こっていて、なぜクライエントは変容していくのか」という心理療法においてもっとも根本的とも言える問いに関心をもっています。そうした問いに明快に答えることは難しいですが、私は特に心理力動と愛着理論に着目し、クライエントとセラピストの関係性を捉えるべく研究を行ってきました。本講演では、私の研究や臨床実践のこれまでの歩みをご紹介するとともに、今後の展望についてもお話しいたします。そのなかで、リアリティをもった体験にふれていくとはどういうことなのかについて考えてみたいと思っています。

特に事前の参加登録等は必要ございません。お問い合わせにつきましては、下記の担当者までご連絡ください。

玉井颯一(研究員)
連絡先: ryuichi.tamai [@] nagoya-u.jp
([@] を @ に変更のうえ、ご連絡ください)

「学生に勧める5冊」コーナーの更新

お知らせページ内の「学生に勧める5冊」のコーナーを更新しました。

各教員が「学生に読んでほしい!」と思う本を5冊ずつ紹介しています。

今回、新たに光永先生、溝川先生、田附先生、狐塚先生の推薦図書が追加されました。

教育学部図書室のカウンター横には、専用のコーナーが設けられています。ぜひ「学生に勧める5冊」をご覧いただき、実際に本を手にとってください。