特例により公認心理師の資格取得を検討中の学部卒業生の皆様へ

2020年3月25日付けで公開した,本学学部で履修した科目と省令で定める科目との対照表について,一部を修正しましたのでお知らせいたします。

【修正内容】
2009年度から2013年度までの期間について,追加しました。なお,2014年度以降については,変更ありません。

20210412公認心理師学部カリキュラム対応

石井教授他の編著書『公認心理師カリキュラム準拠 臨床統計学 [心理学統計法・心理学研究法]』が刊行されました

Image

医歯薬出版から,『公認心理師カリキュラム準拠 臨床統計学 [心理学統計法・心理学研究法]』が刊行されました。

内容紹介

「臨床にいきる統計学」として,論理的な考え方から問題解決につながる研究法・統計法をまとめた一冊です。研究法を理解しながら統計法を学ぶことで,相互の関連性をより深く理解することを目指しています。各章の「INTRO」では,学生の疑問に先生が答える対話形式で,読者が研究を身近に捉えることを促す工夫がなされています。

書籍情報

書籍名:公認心理師カリキュラム準拠 臨床統計学 [心理学統計法・心理学研究法]
編著者:石井秀宗・滝沢龍
判型・ページ数:B5・248ページ
価格:3,300円+税
ISBN:978-4-263-26635-9

出版社のページ
Amazonのページ

令和2年度卒業論文優秀発表賞授与式が執り行われました

1月5日にオンラインで行われた卒業論文発表会において、投票と教員の審議による厳正な審査を経て、下記2名が発表賞を受賞されました。

教育学部4年 山本夏実さん
題目「児童期の感情理解と心の理論の発達が友人関係と学級適応感に及ぼす影響」

教育学部4年 吉野文菜さん
題目「望ましい困難さを用いたオンライン調査における努力の最小限化の防止 ―非流暢フォントを用いた検討―」

松本専攻長より、賞状が授与されました。
また、受賞者のスピーチもあり、喜びの思いが語られました。

受賞者のおふたり、おめでとうございました!

受賞者以外の発表も素晴らしかったです。
卒論生のみなさま、おつかれさまでした。

博士後期課程の古橋健悟さんが科学技術融合振興財団(FOST)の調査研究助成対象者として選出

博士後期課程の古橋健悟さんが科学技術融合振興財団(FOST)の調査研究助成対象者として選出されました。

助成対象者:古橋健悟
助成事業名:科学技術融合振興財団 調査研究補助金
研究課題:援助者シミュレーションによる援助要請の促進:Empathy gapsの解消効果に着目して
共同研究者:五十嵐祐、清河幸子
財団URL: 科学技術融合振興財団

項目分析システムを公開

https://psych.educa.nagoya-u.ac.jp/blog/wp-content/uploads/2020/11/item_analysis_system.png

計量心理学領域の石井研究室が、多肢選択式項目(複数の選択肢から正答を1つ選ぶ項目)からなるテストのデータを分析する「テスト項目・解答データ分析ツール」(Excelマクロファイル)を開発しました。以下のサイトからダウンロードできます。

http://www.educa.nagoya-u.ac.jp/~ishii-h/test_system.html

このシステムは、解答データと正答キー(正答選択肢の記号)を読み込み、得点分布や項目分析、受験者の成績などの結果を出力します。テスト得点の全体傾向の把握や、個々のテスト項目の特徴の検討、受験者の解答傾向の分析などに利用できます。採点ソフトとして使うことも可能です。

博士後期課程の田口恵也さんが東海心理学会第69回大会優秀発表賞を受賞

博士後期課程の田口恵也さんが東海心理学会第69回大会優秀発表賞を受賞しました。

受賞者:田口恵也

大会名:東海心理学会第69回大会 (2020年10月17日開催 於:同朋大学)

受賞名:優秀大会発表賞

発表題目:「真面目な人ほど嘘を許す?-他者のための嘘の許容度とその個人差の検討-」

大会URL:東海心理学会

博士後期課程の田口恵也さんが公益財団法人豊秋奨学会の海外渡航旅費助成に採択

博士後期課程の田口恵也さんが公益財団法人豊秋奨学会の海外渡航旅費助成に採択されました。

助成対象者:田口恵也

助成事業名:公益財団法人 豊秋奨学会 2020年度 海外渡航旅費助成

題目:The effect of type of altruistic lie on the evaluation of lying and liar

発表学会:The 32nd International Congress of Psychology (2021年7月19日~24日開催: プラハ,チェコ共和国)

財団URL: 豊秋奨学会

坪田彩乃研究員・石井秀宗教授が第14回日本テスト学会論文賞を受賞

本研究科の坪田彩乃研究員と石井秀宗教授の論文が、第14回日本テスト学会論文賞を受賞しました。

受賞論文:坪田彩乃・石井秀宗 (2020). 多枝選択式問題作成ガイドラインの実証的検討 日本テスト学会誌, 16, 1-12. 要旨

日本テスト学会
日本テスト学会論文賞

博士前期課程の上田皐介さんが公益財団法人 豊秋奨学会の海外渡航旅費助成に採択

博士前期課程の上田皐介さんが公益財団法人 豊秋奨学会の海外渡航旅費助成に採択

助成対象者: 上田皐介

助成事業名: 公益財団法人 豊秋奨学会 2020年度 海外渡航旅費助成

題目: Do people internalize their self-presentations because they are
deceiving themselves?

発表学会: The 32nd International Congress of Psychology (2021年7月19日~24日開催:
プラハ,チェコ共和国)

財団URL: 豊秋奨学会

博士前期課程の上田皐介さんがSPSP2021のGraduate Registration Awardを受賞

博士前期課程の上田皐介さんがThe 22nd Annual Meeting of the Society for Personality
and Social Psychology (SPSP2021)のGraduate Registration Awardを受賞

受賞者: 上田皐介 (M2) 共著者: 清河幸子

受賞学会: The 22nd Annual Meeting of the Society for Personality and
Social Psychology (2021年2月9日~13日開催: 於: オンライン開催)

受賞名: Graduate Registration Award

発表題目: Self-deceivers give their intended impressions both to others
and themselves successfully.

大会URL:SPSP2021