受賞」カテゴリーアーカイブ

syaanken

山脇望美研究員が、2020年度日工組社会安全財団の研究助成対象者に選出されました。

助成対象者:山脇 望美

助成事業名:2020年度 日工組社会安全財団 研究助成(一般研究助成)

研究テーマ:自閉スペクトラム症傾向の性犯罪者の子どもへの性的関心に関する研究

公益財団法人 日工組社会安全財団

博士後期課程の古橋健悟さんが社会心理学会の大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度に採択

博士後期課程の古橋健悟さんが社会心理学会の大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度に採択に採択されました。

採択者:古橋健悟

題目:Switch, and ye shall find: The effect of switching helpers on perceived stress
in help-seeking situation.

発表学会:The 13th Biennial Asian Association of Social Psychology. 台北, 台湾.

大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度

博士前期課程の澤田昂大さんが第83回日本心理学会大会の学術大会優秀発表賞を受賞

博士前期課程の澤田昂大さんが、第83回日本心理学会大会(2019年9月11-13日開催 於:立命館大学)で学術大会優秀発表賞を受賞しました。

受賞者:澤田昂大

発表題目:「行為者の識別可能性が「巻き添え」を含む報復に与える影響

第83回日本心理学会大会

博士後期課程の陳佳玉さんがSPSP2020のTravel Awardを受賞

博士後期課程の陳佳玉さんがThe 21st Annual Meeting of the Society for Personality
and Social Psychology (SPSP2020) のTravel Awardを受賞しました。

受賞者:陳佳玉(D2) ※共著者:五十嵐祐

受賞学会:The 21st Annual Meeting of the Society for Personality and Social
Psychology(2020年2月27日~29日開催 於:New Orleans, Louisiana)

受賞名:Graduate Travel Award

発表題目:Peals are everywhere but not the same as the eyes? Wealthy people
can be altruistic towards the poor who are well disposed

SPSP2020

博士後期課程の赤松大輔さんが東海心理学会第68回大会で優秀大会発表賞を受賞

博士後期課程の赤松大輔さん(日本学術振興会特別研究員)が、東海心理学会第68回大会(2019年6月1日開催 於:皇學館大學)で優秀大会発表賞を受賞しました。

受賞者:赤松大輔

発表題目:「効果的な学習方略の使用が方略重視の学習観に与える影響―有効性の認知の媒介効果に関する縦断的検討」

東海心理学会

山脇望美研究員が平成29年度日本犯罪心理学会研究助成に採択

山脇望美研究員が,平成29年度日本犯罪心理学会研究助成に採択されました。

採択者:山脇望美

題目:「非行少年の自閉スペクトラム症の特徴における攻撃行動の発生機序の解明」

日本犯罪心理学会

山脇望美研究員が2017年度日本社会心理学会大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度の助成に採択

山脇望美研究員が、平成29年度日本社会心理学会大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度の助成に採択されました。

採択者:山脇 望美

題目:Relationship between autism traits and criminal offense in delinquent juveniles

参加学会:Society for Police & Criminal Psychology

サイト記事
http://www.socialpsychology.jp/award/doc_support/support_2017.pdf

博士後期課程の白木優馬さんが名古屋大学学術奨励賞を受賞

博士後期課程3年の白木優馬さんが平成29年度名古屋大学学術奨励賞を受賞しました。おめでとうございます。

名古屋大学学術奨励賞は、大学院博士課程後期課程に在学する学生で、人物・研究水準ともに優秀、かつ、研究科長及び指導教員から推薦のあった者を対象に受賞者を決定し、表彰を行うものです。授賞式では、総長からの表彰とともに、受賞者による研究紹介が行われました。

平成29年度名古屋大学学術奨励賞(人文社会系)

受賞者:白木 優馬

テーマ:感謝感情に基づく「恩送り」の社会的伝播:社会心理学的アプローチによる実験的検討

名古屋大学学術奨励賞

博士後期課程の徐 文臻さんが日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会で優秀学会発表賞(English Session部門)を受賞

博士後期課程の徐 文臻さんが、日本グループ・ダイナミックス学会 第63回大会(2016年10月9日・10日開催、於:九州大学)にて、優秀大会発表賞 (English Session部門) を受賞しました。

受賞者:Wenzhen Xu(徐 文臻)

発表題目:「Relational intimacy levels and interpersonal communication styles compared across Japan and USA」

共同発表者:Reina Takamatsu(高松 礼奈), Chendong Ding(丁 陳棟), Syuji Uko(鵜子 修司), Anqi Hu(胡 安琪), Jiro Takai(高井次郎
(所属:名古屋大学教育発達科学研究科心理発達科学専攻)

2016年度優秀学会発表賞 選考結果のご報告|日本グループ・ダイナミックス学会

日本グループ・ダイナミックス学会 第63回大会

博士後期課程の酒井渉さん・野口裕之教授の論文が2015年度教育心理学会優秀論文賞を受賞

博士後期課程の酒井渉さんと本研究科 野口裕之教授の論文が、2015年度教育心理学会優秀論文賞を受賞いたしました。

受賞論文
酒井 渉・野口裕之論文
大学生を対象とした精神的健康度調査の共通尺度化による比較検討 [J-STAGE]

日本教育心理学会 城戸奨励賞・優秀論文賞選考委員会