トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

Kanai

ようこそ金井研究室へ

 概要

 名古屋大学大学院教育発達科学研究科の金井研究室は、産業・組織心理学と臨床心理学をベースに、組織内キャリア発達、組織におけるメンタルヘルス、ワーク・ライフ・バランスの視点から、21世紀型働き方の支援を考えています。

 研究テーマの例

 ワーク・ファミリー・コンフリクト研究、キャリア・モデルとキャリア・パースペクティブ研究、技術職のキャリア発達研究、中年期のキャリア発達研究、大学から社会への移行期の研究、組織文脈における自尊心研究、組織ストレス研究、組織倫理に関する研究など。詳しくは金井教授の紹介、メンバー、研究業績のページを参照してください。

 学生さんに期待すること、学生さんが習得できること、この研究室に所属することのメリット

 組織内キャリア研究や産業領域における臨床は研究・臨床分野としてはまだ若い分野なので、多くの皆さんの参入をお待ちしています。

 新着紹介♪

  • 2016年3月 博士学位が授与されました。
    • 福尾弘子『企業倫理の問題に内在する倫理ジレンマのあり様の考察 ―製造会社における事例研究を通して―』 名古屋大学
  • 2014年3月 博士学位が授与されました。
    • イワナ クリスチナ ブラテスク ムスカル『A study of work-home balance among workers in Romania』 名古屋大学
  • 2013年2月 博士学位が授与されました。
    • 松本みゆき 『領域一致仮説に基づく看護師の職業性ストレスモデルの検討』 名古屋大学
  • 2012年9月 博士学位が授与されました。
    • 伊藤亮 『現代青年のふれ合い恐怖心性に関する一考察―現代青年に潜む未成熟さについての検討―』 名古屋大学
    • 富田真紀子 『ワーク・ファミリー・バランスに関する研究―ジェンダー・バイアスの視点から―』 名古屋大学