カテゴリー別アーカイブ: 講演会・研究会

2017年度 第1回名古屋社会心理学研究会(NSP)のお知らせ(7月8日)

2017年度第1回名古屋社会心理学研究会(NSP)を以下のとおり開催します。発表者は京都大学こころの未来研究センターの柳澤邦昭氏です。

本研究会への参加は無料であり、どなたでも自由にご参加いただけます。また、事前連絡も必要ありません。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日時:7月8日(土)15:00-17:00

場所:名古屋大学教育学部2F E・F演習室

発表者柳澤 邦昭 氏(京都大学こころの未来研究センター)

テーマ:モノとコト消費を期待する脳

概要:新しい商品を所有したり(物質的消費 or モノ消費)、特別な体験や経験をすること(経験的消費 or コト消費)で、私たちはさまざまな喜びや幸せを感じます。この幸せな気分は、それらの消費行動を頭に思い描き、消費の到来を期待しているときにも得られると言います。近年では期待の認知・情動処理がストレス低減や精神的健康の高まりと関連する可能性も指摘されています。では、このような消費の期待は(1)どのような脳のメカニズムによって実現されているのでしょうか?(2)モノ消費とコト消費の期待ではそれぞれどの脳領域が関わっているのでしょうか?(3)これらにどのような個人差要因が関わってくるのでしょうか?本発表では、最近行った2つのMRI実験の結果に基づき、上記の問いに対する現段階の回答を提示しようと思います。さらに、消費心理の研究に神経科学的アプローチを持ち込むことにどのようなメリットがあるのか、皆さまと議論したいと思います。

連絡先:名古屋社会心理学研究会事務局
(担当:玉井 socialpsychology758 [at] gmail.com)

名古屋社会心理学研究会 (NSP)

心理危機マネジメントコース10周年プレ企画シンポジウムのお知らせ

下記の要領にて、平成28年度心理危機マネジメントコース特別企画第3弾のシンポジウムが開催されます。みなさまのご参加をお待ちしております。申込の連絡先はページ下部にございます。

平成28年度 教育発達科学研究科 心理発達科学専攻 心理危機マネジメントコース 10周年プレ企画シンポジウム 「心理危機マネジメントのこれまでとこれから」

日時: 平成29年3月18日(土) 13:00~16:20
場所: 名古屋大学教育学部 2階 大講義室
講師: 瀧野揚三先生(大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター)

13:00~13:05 開会行事
13:05~14:35 基調講演「学校危機事例への長期的なフォローアップ経験から」
14:45~16:15 シンポジウム 「心理危機マネジメントコースでの研究を通して~大学と実践の場の往還から~」
       話題提供1:心理危機マネジメントコースでの研究と実践から
        OG:坂本理香<敦賀気比高校>/松岡(藤井)靖子<野田鎌田学園>
       話題提供2:心理危機マネジメントコースでの9年間の蓄積から
        在籍者・OB/OGアンケート進捗 柴田一匡<D2 ; プティヴィラージュ>
        事例集データベースから 山上史野<D1;金沢工業大学>
       指定討論 : 瀧野揚三
16:15~16:20 閉会行事

申し込み・問合せ先:(shinrikiki[@]educa.nagoya-u.ac.jp)
([@]を@に変更してメールをお送りください)

資料準備の都合上、 平成29年3月15日までに申し込みをお願いします。

第5回「専攻サロン」が開催されました

心理発達科学専攻の第5回「専攻サロン」が開催されました。

第5回の発表者は野口裕之先生。「外国語テストを支えるテスト理論」というタイトルで、自身の研究成果から、テスティングにおける理論と実践のバランスや、研究者としての在り方といった大きな話まで、これまでの研究活動を振り返りつつ話題提供がありました。

野口先生からの話題提供をもとに活発な議論が行われました。

専攻サロン後には、今年度で定年退職を迎える野口先生を囲む懇親会が開催され、野口先生との思い出話に花を咲かせました。長きにわたり、本専攻の教育にご尽力いただきありがとうございました。今後益々のご活躍をお祈りいたします。

(参加者38名)

第5回「専攻サロン」開催のお知らせ

下記の要領にて、心理発達科学専攻の第5回「専攻サロン」を開催いたします。

発表者は、テスト理論(特に項目応答理論)をご専門とされる、野口裕之先生です。専攻サロン後には、本年度いっぱいで定年退職をお迎えする野口先生を囲む懇親会を開催いたします。立食形式のカジュアルな会を予定しております。みなさまのご参加をお待ちしております。

  • 日時:2月22日(水)16:00〜18:00
  • 場所:名古屋大学教育学部(東山キャンパス)教育学部 E演習室・F演習室
  • 発表者:野口裕之 教授
  • 題目:外国語テストを支えるテスト理論
  • 懇親会:専攻サロン終了後〜19時頃を予定
  • 名古屋大学東山キャンパスまでのアクセスはこちら

専攻サロンとは、教員や院生からの話題提供に基づき、教員や院生・学部生、先輩や後輩といった関係を越えて自由に議論をし、新たな視点を得ようという目的の研究会です。

専攻サロン・懇親会への参加を希望される方は、下記サイトから参加登録をしていただくか、下記担当者までご連絡いただきますよう、ご協力をお願いいたします。
(なお、懇親会への参加については院生以上のみとなります。ご了承ください。)

  • 参加登録フォーム(2/16まで): https://goo.gl/ptz3OL
    • 参加登録フォームは期日となりましたので閉じました。今後は下記担当者までご連絡をお願いいたします。
  • 担当者:平島太郎(研究員)
  • 連絡先: hirashima.taro [@] nagoya-u.jp ([@]をアットマークに変更のうえ、ご連絡ください)

TEA(複線径路・等至性アプローチ)に関する研究会開催のお知らせ

TEA(複線径路・等至性アプローチ)に関する研究会が開催されます。多くの方のご参加をお待ちしております。なお、会場・資料の準備の都合上、事前の参加登録が必要となります。参加希望の方は、このお知らせの下部にございます申込先までご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。

TEA研究会・名古屋大学

日時・場所

2017年2月18日(土)13:00~17:30
名古屋大学教育学部 2F 大講義室
大学までのアクセス(地下鉄名城線「名古屋大学」下車)
キャンパスマップ(PDF)
(教育学部はB4⑤です。地下鉄名城線「名古屋大学」1番出口を出て右方向。)

主催

名古屋大学大学院教育発達科学研究科心理危機マネジメントコース

プログラム

13:00~13:05 あいさつ オリエンテーション
13:05~13:45 講義 サトウタツヤ先生

研究発表(発表時間35分:発表20分&討議15分)
13:45~14:20 「元非行の当事者が支援者になるプロセスに関する質的研究」
        千賀 則史(愛知学園)
14:20~14:55 「青年期発達障害者家族に向けたコミュニケーション支援プログラムの開発~参加者家族の関わり行動の変容~ (仮)」
        廣瀬 眞理子(関西学院大学大学院)

休憩(10分)

15:05~15:40 「健常者と統合失調症患者のTinker toy Test作成過程の分析」
        中村 泰久(日本福祉大学)
15:40~16:15 「生徒の死亡事故を経験した養護教諭の変容過程-事故後15年の語りから-(仮)」
        大野 志保(名古屋大学大学院)
16:15~16:50 「児童養護施設における子どもの性的問題の発生過程」
        米澤 由実子(名古屋大学大学院)

休憩(10分)

17:00~17:30 総評 サトウタツヤ先生
17:30     終了

情報交換会

18:00~20:00(希望者)
場所:JAPANESE×ITALIAN BARU HAMAKIN
会費:3500円(飲み放題)

申込先・連絡先

名古屋大学大学院教育発達科学研究科
心理危機マネジメントコース 2年 大野志保
shiho(at)auecc.aichi-edu.ac.jp ((at)を@に変更してください)

恐れ入りますが、会場・資料の準備や、席の予約の都合上、2月15日(水)12:00までにご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。

*本研究会の開催に際しては,名古屋大学大学院教育発達科学研究科研究科長裁量経費による支援を受けています。

平成28年度心理危機マネジメントコース公開シンポジウムのお知らせ

下記の要領にて、平成28年度心理危機マネジメントコース公開シンポジウムが開催されます。みなさまのご参加をお待ちしております。申込の連絡先はページ下部にございます。

平成28年度 教育発達科学研究科 心理発達科学専攻 心理危機マネジメントコース 公開シンポジウム

日時:平成29年2月4日(土) 13:00〜16:00
場所:名古屋大学教育学部 2階 大講義室
講師冨永良喜先生(Twitter Blog
   兵庫教育大学大学院連合学校教育研究科 教授
テーマ:災害、事件・事故後の子どもの心理支援
13:00〜13:05 開会行事
13:05〜14:35 基調講演 「災害、事件・事故後の子どもの心理支援〜時期に応じた支援のあり方(仮)」
14:45〜15:55 シンポジウム 「災害、事件・事故後の 心理支援実践の課題」
15:55〜16:00 閉会行事

申し込み・問合せ先: shinrikiki ■ educa.nagoya-u.ac.jp
(■をアットマークに変更してメールをお送りください)
資料準備の都合上、平成29年1月31日までに申し込みをお願いします。

五十嵐哲也准教授 着任講演のお知らせ

下記の要領にて、五十嵐哲也准教授(学校心理学領域)の着任講演を開催いたします。

  • 日時:12月21日(水)13:00〜14:30
  • 場所:名古屋大学教育学部2F 大会議室
  • 演者:五十嵐 哲也 准教授
  • 題目:これまでの活動―学校での援助の探求―
  • 要旨:私は学校心理学を専門としていて、特に不登校を予防するための支援について関心があります。当日は、まず、私が学校での援助に関心を抱いた経緯をお話しながら、学校心理学の概要を説明していきたいと思います。また、私がこれまでに取り組んだ研究の成果、臨床実践などについて、学校心理学の枠組みに基づきながら具体的に紹介するとともに、これから取り組もうとしている研究等についても簡単に触れて、課題意識を共有できればと思います。

特に事前の参加登録等は必要ございません。お問い合わせにつきましては、下記の担当者までご連絡ください。

平島太郎(研究員)
連絡先: hirashima.taro++++nagoya-u.jp
(++++をアットマークに変更のうえ、ご連絡ください)

第4回「専攻サロン」が開催されました

心理発達科学専攻の第4回「専攻サロン」が開催されました。

第4回の発表者は河野荘子先生。「コワイだけじゃない非行少年・犯罪者の世界」というタイトルで、これまでの非行少年との出会いからこれからの研究の展望について話題提供がありました。

河野先生からの話題提供をもとに活発な議論が行われました。


(参加者26名)

次回の開催については、詳細が決まりましたらまたお伝えしたいと思います。

【時間変更】第4回「専攻サロン」時間変更のお知らせ

今週の水曜日に開催されます、心理発達科学専攻の第4回「専攻サロン」について、下記の通り時間が変更となりました。

変更前 11月30日(水)15:00~17:00
変更後 11月30日(水)14:00~16:00

開始時刻が1時間早まっていますので、ご出席の際にはご注意ください。
ご連絡が直前になり大変申し訳ございませんが、ご了承いただければと思います。

  • 日時:11月30日(水)15:00~17:0014:00~16:00
  • 場所:E演習室・F演習室
  • 発表者:河野荘子 准教授
  • 題目:コワイだけじゃない非行少年・犯罪者の世界
  • 概要:非行や犯罪は、時代によってその内容を変化させながらも、太古の昔から途切れることなく存在し、人々の生活を脅かし続けてきた。そして、時の施政者や哲学者、法律家、宗教家などさまざまな人々が、非行や犯罪の発生メカニズムを論じ、その源を断ち切ろうと試みたにもかかわらず、現在においてもなお、非行も犯罪もなくなってはいない。非行や犯罪にかかわる研究は、「古くから続く新しい研究」なのである。本発表では、コワイと敬遠されがちな非行少年や犯罪者がもつ独特の世界の一端を紹介するとともに、非行や犯罪をテーマにした研究の将来展望についてお話ししたいと思う。

専攻サロンとは、教員や院生からの話題提供に基づき、教員や院生・学部生、先輩や後輩といった関係を越えて自由に議論をし、新たな視点を得ようという目的の研究会です。

参加を希望される方は、会場設営等の準備のために人数の把握をしたく存じますので、下記サイトから参加登録をしていただくか、下記担当者までご連絡いただきますよう、ご協力お願いいたします。

  • 参加登録: http://goo.gl/forms/Ms5c7VFKBgisuGLe2
  • 担当者:加藤仁(研究員)
  • 連絡先: jnkt009 [@] nagoya-u.jp ([@]をアットマークに変更のうえ、ご連絡ください)

2016年度 第3回名古屋社会心理学研究会(NSP)のお知らせ(12月17日)

161124_nspposter

2016年度第3回名古屋社会心理学研究会(NSP)を以下の通り開催します。発表者は神戸大学大学院人文学研究科の大坪庸介氏です。

本研究会への参加は無料であり、どなたでも自由にご参加いただけます。また、事前連絡も必要ありません。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

日時

2016年12月17日(土)15:00-17:00

場所

名古屋大学教育学部2F 第3講義室

発表者

大坪 庸介 氏(神戸大学大学院人文学研究科)

タイトル

和解の社会心理学的理解を目指して

概要

良好な対人関係を維持することは心身両面での健康と関わっています。しかし、どのように親しい間柄でもささいなことが原因で言い争うことがあるでしょう。そのようなときに、相手と和解できなければ、その関係を失ってしまうことになります。では、どのような要因が和解を促進するのでしょうか?

和解に関係する人を大きく2つにわけると、自らが悪かったといって謝罪する加害者と、加害者を赦すかどうか決める被害者がいます。そこで、加害者による謝罪を促す要因は何か、被害者による赦しを促す要因は何かを考えることで和解の理解が可能になると考えられます。

ですが、多くの争い・葛藤ではお互いに相手が悪いと考えていることが多いのではないでしょうか。そうすると、双方を簡単に被害者・加害者とわけることはできないかもしれません。このことから、謝罪と赦しを同時に促す要因があれば、それが和解を促す重要な要因と考えることができます。そのような要因のひとつとして、相手との関係を重視ている程度が和解にとって大事であることを示した一連の研究を紹介します。

名古屋社会心理学研究会 (NSP)